地蔵一家の波ある日常 ~母めげない、時々めげる~

子育てってこんな大変だったんだ。共働き、ワンオペ、専業主婦。だけど母は諦めまへんで。わしゃ笑って生きるんじゃい!

子どもらしい感性。どうにもこーにも、しょーもない話。

小学生の不登校~共働きから専業主婦へ~よりお引越し記事です。

じゃんけん、ぐっぱ。数え歌。

その時代、地域によって色々なかけ声がある。

私は昭和生まれ。

じゃんけんほいっと出すアホがいる。とか。

いちにー、さんまのしっぽ、ゴリラの息子〜

などなど。

先日、新しいハヤシを耳にし、こりゃヒドいけどコレが子どもらしさというか、子どもは別の生き物というのか。とことん幸せな奴らというか。色んな意味で笑えたので紹介させてください。

はい、こちら。

"ぐすんとんパンツに毛が生え、たんこぶできちゃった。"

 やっぱり、ひどい。ひど過ぎる。ひどい出来栄え。意味さえわからない。けれど、これが令和?ニューウェーブ?

子どもたちには違う世界が見えてるんだろう

若かりし頃、大人が自分たちの時代はどうだったとか。自分は…みたいな武勇伝から、枠にはめられて話をされるのが嫌いだった。

 時代は変わっているんだろうなというか、この子たちの常識はもう私の常識とは違うんだろうなと思う。

 

ちなみに地域別では、沖縄の姪っ子たちがやってたグリングリンパリン。沖縄ver.が衝撃だった。

軍艦、軍艦、ちょーせん。ちょーせん、ちょーせん、はーわい。

文化だな〜。

f:id:momo765:20200402005721j:image

 コロナ自粛で思い出した大切なこと

 結婚10年、こんなはずじゃなかったのに?

 どうしても、こうなってしまいます

 子育てについて、小学生の不登校~共働きから専業主婦へ~で真面目に書いています。