地蔵一家の波ある日常 ~母めげない、時々めげる~

子育てってこんな大変だったんだ。共働き、ワンオペ、専業主婦。だけど母は諦めまへんで。わしゃ笑って生きるんじゃい!

コロナ休校日誌⑤学校から届いた課題

4月末、担任の先生が各家庭を訪問し課題を届けてくれました。

さて、内容はというと…

① 算数のプリント

② 漢字学習ドリル

どちらも新学年の内容。

漢字は書いていくだけだから、良いけど、算数は誰かが教えないと、子どもだけでは出来ないと思われる内容。

おっとっと。

こりゃ、働く親は大変だ。

家にいる、余裕のあるはずのわが家でもこんな調子。

f:id:momo765:20200328180149j:plain

わが家での危ないひとこま

娘、自発的に算数プリントを出したものの、始まるとイライラ、ぶつぶつ。そっとしておこう。

しばらくすると、来ました。母への質問。

「この問題教えてー」

ここは冷静に、彼女のやる気を削ぎ落とさぬよう、落ち着いて対処してみせよう。

  1. 折り紙が160枚ありました。15枚ずつ8人に配りました。残りは何枚でしょう。

 ①配る折り紙は全部で何枚でしょう

  15×8=120 答え120枚

 ②残る折り紙は何枚でしょう

 

よっしゃ、よっしゃ。2番ね。

「いいよ、これのどこが分からへんの?」

「式〜」

「これはこうで、こうなったら、ここの式は何やと思う?」

「引き算」

「おっ、出来たやん、数字を当てはめるならどっちがどっちになると思う?」

「ちがうやん、それは分かってんねん、でもこの数字(配る折り紙の数)、何でこの数字がここに出てくるの?」

娘イラ、レベル1。

おっといけない。鉛筆持ち、椅子に座る。その基本型ですでにイラ、レベル0.5。すぐにスイッチ入ってくる。気を付けていたはずなのに。私、ついあおられる。

「だって、そんなん、1の①で答え出してんねんから、1の②でそれ使っていいんちゃうん」

「あー、もう全然この人分かってないわ。もういい。だって前に、なんで式が出てきてないのにその数字が出てくるの?って言われたもん!」

娘イライラ。一気にレベル5ー!

(プチーーーん)

おっつ、ちょっち待てよ。

プリントの上の方にある計算問題を見てみると…

( )使った計算しとる。

あ、母の確認ミス。スマン。

 

親子の遠慮のなさが

近しい存在だから、遠慮ないものだから、お互いに。ついついヒートアップしてしまう。

自粛ストレスもじわりじわり

私たちが抱えるストレスなんて、ミジンコの様なものだけれど…少しずつ怒りの沸点が下がりつつある私。そして子ども達も。

学校が再開した地域もちらり、ちらり。

感染拡大の勢い、いっときに比べると少し落ち着いたように感じるけれど、第2波による再開後の再休校も、可能性としてはあり得るらしい。

不登校児のわが家では、勉強は何とでもなるっていう考えだけど、子どもたちの居場所や繋がりの作り方。新しい生活様式。プランが見えないと不安になる。

最近のハマりごと

草抜き。根っこからスコッと抜けると気持ちが良い。近所の誰もいない小さな公園。走り回る子ども達。暇そうにしてると、鬼ごっこに駆り出される。暇だと、子ども達のもめ事が目についてしまう。小言が多くなってしまう。掃き掃除からの草刈り、そして草抜き。少しずつバリエーションが増えていってる。

ひとり、黙々。粛々と。

不要不急な草抜きだなと、思いつつ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自粛生活、色々と工夫しております。

小学生におすすめ漫画や本のあれこれ(コスパ抜群、中古漫画の紹介あり)

母も楽しみを忘れません