地蔵一家の波ある日常 ~母めげない、時々めげる~

子育てってこんな大変だったんだ。共働き、ワンオペ、専業主婦。だけど母は諦めまへんで。わしゃ笑って生きるんじゃい!

ゲームや動画以外で時を過ごせ!①小学生におすすめ漫画や本のあれこれ

毎日ゲームに動画ばっかり!

散歩へ連れ出したり、家庭学習に取り組んだり。って結構頑張ってても、めっちゃ時間余るやん (~O~;)

この際、何でもいいからデジタル機器から離れる時間を持ってほしい。

ずっと外出自粛しがちな娘

不登校児のいるわが家では、昨年夏からこのテーマで、試行錯誤を重ねてきました。その中で見つけた、おすすめ作。

f:id:momo765:20200506160008j:plain

漫画は無敵

一冊を読み終えるのが、早いのは難点。兄弟でシェアできるなら、最高。ストーリーが気に入れば、繰り返し読んでくれるパターンもあり得る。

漫画はチョットという方もおられるとは思いますが、動画よりは目に優しく、静かに時が過ぎ、あわゆくば漢字も覚えてくれる。そして、最近は子どもに人気の漫画やアニメを小説化したジュニア文庫がスゴイんです!こんなにもあるのか!って、今調べながら驚いている程。まずは漫画から、そして小説へ導いていくのもありかも知れません。

中古なら1冊100円くらいで買えるかも漫画

境界のRINNE

転校生の六道輪廻は、死神のような仕事をこなす謎多きクールな少年。と思いきや、しゃべる猫とおんぼろアパートで暮らす、超セコセコ少年やないかい。同級生の美少女、間宮桜は霊が見えることから、気づくと六道輪廻のサポート役に。幽霊や死神、しゃべる猫、悪魔、バラエティ豊かな登場人物とともに綴られる彼らの非日常的、日常。全40巻。

 

小説化されたジュニア文庫もあるよ。

 

名探偵コナン

見た目は子ども、頭脳は大人。

 

映画は小説がおすすめ。

 

犬夜叉

神社の娘、中学生の日暮かごめ。ある日、自宅の井戸から戦国時代へタイムスリップ。目の前に現れたのは、頭に耳の生えた半妖の犬夜叉。砕け散った四魂の玉を集めるべく、二人の冒険の旅が始まる。

 

ヒカルの碁

小6の少年、ヒカル。ある日、金目の物をと蔵を物色していたところ、古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた天才騎士、藤原佐為の霊がヒカルの意識に入り込んできて... どうにもこうにも、いい加減ボーイだったヒカルが、佐為の囲碁への想いにつられて、囲碁の世界にのめり込んでいく。23巻完結。

 

ニューエイジの学習系漫画

昭和に比べると、格段とストーリー性が高く、子どもたちも興味をそそられるようです。そしてオールカラー

サバイバルシリーズ

次々と訪れるピンチに、子どもたちが勇気と科学の知識で立ち向かう冒険物語。
生き物、自然、人体、災害、環境問題、AI、宇宙……科学に関するテーマが盛りだくさん。

 

どっちが強い?!シリーズ

「ライオンとトラ」、「ゴリラとくま」など戦闘力が近そうな生物の対戦をテーマに、動物の生態を学んでいく漫画。ストーリー性も強く、図鑑には興味を持てない子も、読み進めるうち興味を抱く事間違いなし。

 

昔ながらの学習系漫画

不動の人気、楽しく学べる。

ドラえもんシリーズ

国語、算数、理科、社会、英語、図工に学習法まで。何から何まで網羅してる感半端ないから、ピンポイントで苦手な部分をサポートしてくれる。勉強嫌いな子には、こそっと置いておくのもオススメ。嫌いな科目もドラえもんが、不思議なポケットでやる気スイッチを押してくれる。

 

本を読んでくれたら言うことない

漢字がちょくちょく出てくるタイプの本で、小学校中学年からの人気シリーズだけど…ストーリーは抜群なので、本好きな子なら低学年でも頑張って読めるかも知れません。

暗号クラブ

暗号が大好きな小学生5人組で結成される「暗号クラブ」。読者も一緒に謎解きをしながら、事件解決に向かう。読書が好きでなかった子どももハマる、新しいタイプの体験型小説。

 

ふしぎ駄菓子屋銭天堂

公式サイトで立ち読み公開あり。

銭天堂とは…
幸運な人だけがたどりつける、ふしぎな駄だ菓子がし屋や。
そこにはたくさんの魅み惑わくの駄菓子が並ぶ。
女主人・紅子がすすめる駄菓子は、どれもその人にぴったりのもの。
でも、食べ方や使い方をまちがえると……。
はたしてその駄菓子は、幸福を呼ぶか? はたまた不幸をまねくか……?

引用元:【無料立ち読み公開中!】ふしぎ駄菓子屋 銭天堂 公式サイト - 偕成社

 

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません

本が大好き過ぎる女子大生、本須麗乃。念願の図書館への就職が決まったその日、地震がきて沢山の本に埋もれ亡くなってしまう(恐らく)。そして目を覚ますと…そこは異世界。中世の様な厳しい階級社会、言葉も違えば、文字すら簡単には見つけられない。そこで彼女は、病弱な貧しい幼女マインとして目を覚ます。現代の女子大生の頭脳をもつ幼女マインが、本を読むため、新しくできた大切な人たちの暮らしを良くするため、論理的思考で、自分や周囲の人たちの生活を少しずつ変えていく。子ども達に大切なことを教えてくれる一冊になる事間違いなし。

 

以上、小学生におすすめの漫画や本の紹介でした。

ネタ切れ気味の自粛生活。一緒に過ごす時間が増えると、ついつい小言が多くなってしまいます。ほんの30分、1時間。子ども達がテレビやゲームに夢中になる間、別部屋で過ごす。これにハマる母なのであります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m